身長は出来るだけ大きいほうが何かと便利であり、有利であることは否めないでしょう。ですから、子供が大きく育ってほしいと願うのは当然のことであるといえます。もちろん、遺伝の側面が強くあるのは確かでしょう。それは間違いないです。大きい両親から生まれた子供は大きく育つ可能性が高いのは確実なのですが、それでも逆に日ごろの不摂生で小さくなってしまうこともあります。ですから、身長はどうやって伸ばすのか、良い行動とはなんなのか、というのをよく理解しておきましょう。そして、それを子供に施すのです。

第一の原則として成長とは寝ている時におきます。つまりは、これが成長ホルモンの分泌になります。ですから、夜更かしが最も大敵であると理解しておきましょう。極端に早く寝る必要性はないですが、少なくとも10時頃には寝るようにしましょう。最近の子供は夜更かしをよくやっているのでこれは非常に良くないです。また、これはそこまで確実ではないですが、牛乳などはよいとされています。一時期は特に意味がないともいわれていたのですがどう考えてもカルシウムとタンパク質は意味がないとは考えられないのです。ですから、しっかりと牛乳を飲んでよく眠るようにさせましょう。